--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/04/20 (Wed) キルティングのトートバッグ

1a9cbf4e.jpg
この間パンドラハウスのセールで安くなっていた布で、バッグを作りました。
グリーン系のパッチワークがキルティングになっているもの。なんかこう、ナチュラルというか、ちょっと野暮ったい位の簡単な手提げが欲しいなあと思って。裏もかわいかったのでそのまま使いました。持ち手は革テープで、カシメでとめました。バッグ用の革テープって高いなあ。どうも割高感が。いっそ20mとかの巻きで安く買えたら、バッグももっといろいろ作りたいとは思うのですが。

スポンサーサイト

グッズ/その他 |


2005/04/20 (Wed) チノクロスのワイドパンツ(カーキ)

050420pt1.jpgまたこの形...

暖かくなってきたので、春物のパンツを1本。といってもいつもと同じ形のワイドパンツです。見てもらう方には「またかいな」という感じだとは思いますが、便利なんですよこれ。すみませんねえ。

050420pt2.jpg大塚屋で買った生地のはず。

股上はかなり浅めで(これで下腹を押さえるわけですよわっはっは)、腰回りはぴったり。膝上あたりの幅ほんのちょっとだけ削って、裾幅はゆったり。去年の夏はコットンリネンで、冬にはコーデュロイで作って重宝しました。今回は濃いめのカーキのチノで作りました。

050420pt3.jpgこんな感じで(足長っぽく撮っちゃった...)。

同じ形のパンツばかり作っていると、本体の布と、ベルト裏の布を違うものにするのがせめてもの楽しみという感じになってきます。今回は黒白のギンガムチェックを使ってみました。
-----
完成日(制作日数)
2005/4/20(3日)
参考にした製図
装苑making 01年11月号 96ページ
材料
表布(綿チノクロス)=150cm*2m、別布(綿ギンガム)=少々、ファスナー、ボタン
材料費
約800円

パンツ |


2005/04/16 (Sat) 春のカットソー祭り2005 その2

この間カットソーをまとめてばばーんと縫ったわけですが、実はまだ縫ってました。

943f7a6f.jpg
私はニット生地は大抵いつも1.5m買うのですが、そうすると大抵いつも生地が中途半端に残るのですよ。つまり「Tシャツをもう1枚縫うのには足りないけど、捨ててしまうのは惜しい」位の余り方。最初からもっと用尺を考えて買えばいいんですけどね~、「足りないよりはましだから」と思って余裕持って買っちゃうんですよねえ~。最初に何に使うって決めてないのに買う事も多いし。

で、そんな余り生地はキャミソールにすると良いのではないか、という事は前から考えていたのですが、肩ヒモをどうすれば良いのかという所でずっとストップしていたのです。肩ヒモ。
実は去年の夏も余ったニット生地でキャミソールを縫おうとした事があったのです。あったのですが、肩ヒモで大失敗したのです。別布のフライスだったかベタリブだったかを直線ミシンで縫ったら、生地がウネウネしちゃって。市販の綿ニットテープを使ってもウネウネ。完成しませんでした。押さえ圧が強過ぎたのかなあ、それともあれは2本針のロックミシンで縫うものだったのかなあ。

で、最近になって「じゃあ肩ヒモの部分だけニットじゃない普通の布を使ってみたらどうだろう」と思いつきました。市販のバイアステープだとちょっと不自然だけど、ダンガリーなんかの生地をバイアステープにしたら、身頃のニット生地となんとかマッチするのではなかろうか、と。苦肉の策ですが。

それでいざとりかかってみたら、次は型紙作りで苦戦しました。いやー、キャミソールの型紙なんてすぐひけると思ってた私が甘かったです。最初、原型から起こしてみたらニットのキャミとしてはブカブカのサイズになっちゃって。肩ヒモの位置も外側過ぎるし。じゃあ手持ちのキャミを写せばいいのか、と思ってやってみたら、今度はピッチピチ。伸縮性が全然違ったのですね。一度は挫折しかけたのですが、結局また原型からひいた型紙を何度か微調整して、まあこんなもんかなというのが出来上がりました。

0ee93c7e.jpg
手前/この生地かわいいでしょう。馬車柄です。5年位前にポロシャツを縫おうとして失敗した時の余り。/この間丸首カーディガンを縫った時の余り。生地の厚さからいって、本当はキャミ向きではないかもしれない。てんとう虫のアップリケをつけました。

b4c95b1e.jpg
手前/この間カシュクール風プルオーバーを作るつもりで忍者服になってしまった生地の余り。これはもう少し小さめにしても良かったかな...。/以前タートルTを縫った時の余り。一番最初に縫って、胸の上がカパカパするので、ゴムを通してちょっと絞りました。

あまりぴったりとしたキャミじゃなくて、ちょっとゆるめ。勿論これ1枚で着るわけではなくて(そんな事したら保健所が来ます)、シャツの下とかに。気に入っていた生地をまた利用する事が出来たので嬉しいです。それでもやっぱり、キャミソールは市販のものを買った方が手っ取り早いと思う...。

カットソー |


2005/04/07 (Thu) カットソー祭り

在庫の布をなんとかしようと思い、日曜と水曜にいろいろと縫いました。

■グレーのボーダーTシャツ
050406cs1.jpg 050406cs2.jpg1本針3本糸ロックの限界を感じました。

何年か前にパンドラのワゴンセールで購入した天竺ニットです。よく考えてみたら殆ど同じような生地(色も同じ)の市販の半袖Tシャツを既に持ってました。このテの生地がよっぽど好きとみた(自分の事だろ)。最初に作ってみたら袖口の幅が広くてどう考えてもパジャマの上にしか見えなかったので、幅を削って7分袖にしてみました。この先、胸元あたりにアップリケ(只今取り寄せ中)をつける予定です。
-----
■製作日/05.4.3 ■参考にした製図/---- ■材料/綿ニット=135cm*1.2m位、別布(綿ニット)=少々 ■材料費=今となっては?円

■カシュクール風カットソー
050406cs9.jpg 050406cs7.jpgニンニン! (開き直り)

くたくたの薄手のフライスで作りました。いつ何処で買った布なのか全然記憶にないです。重ね着用のトップスを作りたいと思ってカシュクール風にしてみました。キャップスリーブで、ウエスト下あたりは裏でゴムを縫い付けて軽くギャザーを寄せました。正直言って微妙な出来です。なんというかこう、忍者の服に見えます。いきあたりばったりの製作は良くないなと心底思いました。
-----
■製作日/05.4.3 ■参考にした製図/---- ■材料/綿ニット=135cm*1.2m位、綿レース ■材料費=今となっては?

■丸首カーディガン
050406cs8.jpg 050406cs10.jpg形は気に入ってるんだけどナー。

何年か前にパンドラのワゴンセールで購入した生地です。使い道は思いつかなかったんだけど、当時はまだボーダーとみるととりあえず買っとけ状態でした。案の定家では放置していて、1年後位にようやく生地を広げてみてその時初めてこれがダブルニットだった事に気付いて驚きました。シンプルに丸首のカーディガンにしてみたのですが、これもサイズがあまり合ってなくて失敗。もう少し袖ぐりを下げれば良かった。
-----
■製作日/05.4.3 ■参考にした製図/---- ■材料/綿ニット=135cm*1.2m位、スナップボタン ■材料費=今となっては?

■ボーダータートルネックTシャツ
050406cs5.jpg 050406cs6.jpgユニクロ級に普通。

上のカシュクール風カットソーに合わせているのがこれです。ボートネックカットソーを作った時の余り布で作りました。重ね着用のつもりなので、何のひねりもないフツーのタートルネックです。地味そのものですが、便利だと思います。
-----
■製作日/05.4.6 ■参考にした製図/---- ■材料/綿ニット=135cm*1.2m位 ■材料費=今となっては?

■針抜きニットのタートルネックTシャツ
050406cs3.jpg 050406cs4.jpgきっと役に立つと信じてます。

ボーダータートルネックTと同じ形。一緒に作りました。5年前に初めて日暮里へ行った時にトマトで買った真っ白の針抜きニット。当時はVネックのカーディガンを作るつもりだったのですが、例によって放置。突然白いタートルものが欲しくなって、ようやく使いました。
-----
■製作日/05.4.6 ■参考にした製図/---- ■材料/綿ニット=135cm*1.2m位 ■材料費=今となっては?

カットソー |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。