--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/06/16 (Thu) キャミソール

050612sh1.jpg君もこれかぁ~」って感じですか?

「キャミソール&ワンピース」の型紙を使って、キャミソールを縫いました。この本はいろんなサイトで取り上げられていて、そして中でもこの形のキャミソールが一番多く縫われている気がします。「違うのも見てみたいよ!」と思った方がいらしたらすみません。「まずはこれ、かな~」って感じがするもので。

大抵の方が既に語っていらっしゃいますが、確かにこのパターン、かなりゆったりめです。この型紙を使う場合はいつもの自分のサイズよりも小さめを選んだ方が良いと思います。逆に言えば、サイズ表だけ見て「もう少し大きめの型紙があったらいいのに」と思うような人でも、もしかしたら大丈夫かもしれません。

050612sh2.jpg淡い小花柄。

一番最初なので実験のつもりで安い生地を使おう...と思いながら、近所のホームセンターで淡い色合いがかわいいシーチングプリントの生地を見つけたので、それを使ってみました。

050612sh3.jpgジーンズとの相性はやはり抜群。

型紙を写して完成まで、トータルで2時間もかからなかったのでは、という位の簡単さでした。ただ、一番最後のひもを通す所で苦戦しました。やはり、ひもを通す部分はきちんと幅を作っておかなければ!そしてひももきちんと細めにしておかなければ!いつものひも通しが使えなくて、安全ピンを1個ぶっ壊してしまいましたよ。次回から気をつけます。
-----
完成日(制作日数)
2005/6/12(1日)
参考にした製図
キャミソール&ワンピース(文化出版局) 05/リバティプリントのキャミソール
材料
表布(110cm)=1m
材料費
約380円

スポンサーサイト

シャツ/ブラウス |


2005/06/15 (Wed) ダブルガーゼのブラウス

050615sh1.jpg
ブラックウォッチのダブルガーゼでプルオーバーのブラウスを作りました。ブラックウォッチ、人気ですね。私も好きです。お好みでない方は「何故こんなに」と思われるかもしれませんが、「無地では寂しいけど、赤や黄色のタータンチェックは子供っぽいし...」という時に便利なんですよね。

050615sh2.jpg
型紙は、以前作ったグリーンプリントのブラウスと同じものを使って、袖口をゴムでなくてギャザーを寄せて共布でくるんでみました。前後の切り替えの部分はバイアスで裁ってみたのですが、果たしてこれで良かったのかどうか...。後でこの部分だけ伸びてきやしないかとか(一応ネックラインには芯を貼った見返しを付けているのですが)、デザイン的にも別にバイアスにしなくても良かったのではとか、ちょっと考えております。そんなわけでブラックウォッチって、一見、良い感じの生地なんだけど、本当に効果的に扱うのは結構難しいのかなあ、と思ったりして。

050615sh3.jpg
-----
完成日(制作日数)
2005/6/15(2日)
参考にした製図
おとなのシンプルウェア(ブティック社)7ページ 3
材料
表布(綿ダブルガーゼ)=110cm*2m
材料費
約2000円

シャツ/ブラウス |


2005/06/08 (Wed) 切りっぱなしジャケット

050607sh1.jpg1日着た後なのでシワシワですみません。

歳を重ねると、今まで必要だとも思わなかったものが欲しくなってくるものだなあと思います(勿論その時その時の流行の影響もあるんだろうけど)。例えば夏用のジャケット。夏は暑いんだから羽織ものなんて着てられるか、と思っていましたが、キャミソールやタンクトップなどのノースリーブの服を着た時にあると便利だな、と考えが変わってきました。

ただ、ジャケットといってもカッチリしたものじゃなくて、くたーっとした感じのが欲しいと思いました。手触りも柔らかくて、全然気合いの入ってないジャケット。テーラードカラーだけど、今時のイイ女風じゃなくて、むしろ対極の位置にある位のやつ。着ると脱力するレベルのやつ。いろいろ考えて、素材は綿麻のダブルガーゼで、衿と裾と袖口は切りっぱなしのダランダランにしてみました。

050608sh2.jpg生地アップ。ステッチは30番の糸で。

ちなみに、テーラードカラーとはいうものの、本当はオープンカラーです。最初は真面目にテーラードカラーのパターンをひこうとしたのですが、難しい上にどうしても大袈裟な衿になってしまいそうだったので、手抜きしました。でもこれ位のラインが個人的には一番好きです。

切りっぱなしの服を作るのは初めてだったのですが、衿を付けるのが異様に簡単でびっくりしました。あまりにもユルイ作りなのはどうかと思って、前身頃の打ち合わせや袖口や裾に一応見返しを付けましたが、どれも布を重ねて上からステッチを2本入れただけ。端の始末を考えないと、こんなスピーディーに工程が進むのか、と知りました。勿論布はどんどんほつれてきますが(でもステッチの所まででほつれは止まるはず)。

前の裾のカーブが大き過ぎたのが反省点です。もう少し小さめのカーブの方が好みだった。洗ったらどうなるのか、ちょっとコワイ気もしています。

050608sh3.jpgコーディネイト例(こんなんばっか)。
-----
完成日(制作日数)
2005/6/6(2日)
参考にした製図
-----
材料
表布(綿麻ダブルガーゼ)=110cm*1.8m、ボタン2個
材料費
約1100円

ジャケット/コート |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。