--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/10/29 (Sat) トレンチコート

051029co1.JPG.jpgやっぱり学生ちっくだ...。

今回は自分用のコートを縫いました。実はこれ、夏の頃からあたためていたプランなのですよ...。
まず、チームマフラーの説明をしなくてはなりません。チームマフラーというのはサッカーの試合でスタジアムに詰め掛けたサポーターが贔屓のチームを応援する時に、両手で広げて頭の上に掲げるという、チームのロゴ入りのアレなんですが、私はバイエルン・ミュンヘンのチームマフラーを1本所有しています。

051029co6.JPG.jpgこれがチームマフラーだ!

このチームマフラーを貰ったのは春なのですが、このマフラーが意外と肌触りがよろしくて温かそう。夏の間はこれはソファの上に置いてテレビでサッカーの試合を観戦しながらたまにそっと触れてみたりしていたわけですが(・・・)、寒くなったら実際に使おうと思いました。 日本でドイツのサッカークラブのマフラーを持っていても、それを颯爽と首に巻いてミュンヘンのスタジアムに馳せ参じるという事はそうそう出来ないので、せめて普段の外出の時に巻こうと。じゃあこのマフラーに似合うコートを作ろうではないかと。そんな経緯で製作されたコートなのです。言わなきゃ絶対わからない経緯ですが。でもこのマフラーがなかったら別に新しいコートが欲しいとか思わなかったし...ブツブツ。

051029co2.JPG.jpgベルト、使わなさそ~(面倒だから)。

形は2年前に作ったトレンチ風コートがベースになっていて、ベルト風のウエストの切り替えをなしにして、ベルトは別に作りました。着丈も5cm長くしています。だからトレンチ風じゃなくてトレンチコートって事でいいのかな。

051029co5.JPG.jpgころんとしたボタン。

表地はバーバリーっぽいウェザークロスを使いたかったのですがなかなか売ってなくて(ある時にはすっごく安い値段で売られてたりするんだけど)、結局きっちりと目の詰まった綿。生地の名前や詳細はわかりません。ほんの少~しだけピーチスキンっぽい毛羽立ちが感じられます。買った時は「本当にこれで大丈夫かな~、ちょっと薄手かも~」と心配していたのですが、仕上げてみたらまあいい感じかなと。色は絶対紺色が良かった(マフラーに合わせて)。

051029co3.JPG.jpg裏はけっこう派手です。

裏はコットンサテンのプリント生地です。今回は裏地はチェックやストライプなどのオーソドックスなタイプじゃなくて、「何その裏地!」みたいな柄物を使いたくて、いろいろ探して結局ワゴンセールで売られていたカットクロスを使いました。絣の水玉で和風なんだけど、古着っぽくなって面白いかなあと。袖の部分は滑りの良いようにポリエステルのキミドリ色の裏地を使っています。

前回に続いてこの秋2枚目のコート作りなのですが、ステッチの入れ方など反省点もちょこちょこと。もっと丁寧に作らなければ...。

051029co4.JPG.jpg後ろ(猫背...!!)。

-----
完成日(制作日数)
2005/10/29(10日位)
参考にした製図
装苑別冊2000年3月号 122ページ左
材料
表布(綿)=110cm*3.5m、裏地(綿)=110cm*2m、裏地(ポリエステル)=90cm*1m、ボタン=21mm*10個、バックル=5cm幅*1個
材料費
約4000円

スポンサーサイト

ジャケット/コート |


2005/10/14 (Fri) トレンチ風コート

051013co1.jpg
実はまだ袖口のベルトが完成してないんす...。

バイト先のオーナーに頼まれて、トレンチ風のコートを作りました。同じ形のコートを2年前に自分用に作って、職場にもよく着て行っているのですが、それを見たオーナーが「同じ形のやつ作って!」と。

051013co2.jpg
今回はオーナーの希望で、黒のナイロンを使いました。ナイロンといっても割と厚みのある生地です。裏地はちょっとサテンぽいコットンプリントで、袖だけは滑りの良いようにグレーのキュプラにしてみました。表のステッチは黒の30番を。

051013co3.jpg職場にて撮影。

2年前に自分用のを作った時に比べると、多少はコツも掴めているし、スムーズに出来たかなあと思っています。なにせ2年前のやつは裏地の付け方がイマイチ分かってなくて、裾は全部手でまつりましたから。今回はちゃんとミシンで縫ってガバーとひっくり返せたのですよ(なんかそれだけで満足している自分)。

051013co4.jpg
ボタンはオーナーがチョイス。面白い形でしょ。

あと、今回しみじみ思った事。頼まれもの(しかも上司の)だから丁寧に作ろうと思って、表布の型紙だけじゃなくて裏地用の型紙もちゃんと準備して取り組んだら、裁断も縫製もとても楽でした。前は表布も裏地も兼用の型紙だったんだよねー(えっへっへ)。やはり下準備は大切なのだなあと。

この形は自分でもとても気に入っているので、今度は少しアレンジしてまた自分用のコートを作るつもりでいます。
-----
完成日(制作日数)
2005/10/13(2週間位?)
参考にした製図
装苑別冊2000年3月号 122ページ左
材料
表布(ナイロンetc)=110cm*2.8m位、裏地(綿サテンプリント)=110cm*2m位、袖裏地(キュプラ)=90cm*1.5m位、ボタン=2.3cm*10個
材料費
?円(オーナーの財布なので忘れました)

ジャケット/コート |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。