--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/10/23 (Tue) ドロップ・ショルダーのワンピース

071022op1.jpg
最近雑誌やお店で、袖付け線が通常よりも腕側に下がっている服をよくみかけます。袖はギャザーがたっぷり入っていたりして。あれはドロップ・ショルダーと言うそうなんですが、肩のラインが丸くなって、なで肩好きとしてはとても気になります。大塚屋で買っておいたダンガリーがあったので、それでドロップ・ショルダーのワンピースを作ってみました。

しかしこういうドロップ・ショルダーの型紙や製図というのは意外と見つからなくて、唯一参考になりそうだったのは、ミセスのスタイルブックの07年盛夏号に載っていたこのレースのジャケットでした。
071022op8.jpg9ページです
これはフレンチスリーブのワンピースからアレンジしたもので、どうやらそれにものすごく低い袖山の袖をつけると、こういう形になるらしい。ふむふむ。

ちなみにこのワンピースの着丈を詰めて衿をつけたブラウスを私は以前作った事があります(フラットカラーのフレンチスリーブブラウス)。その時は付録の実物大パターンを使ったのですが、雑誌の方には基本デザインの製図もちゃんと掲載されていたので、今回はさらにいろいろアレンジもする事だし、自分で新しく型紙を作る事にしました。

が。スタイルブックの原型は「文化式原型(成人女子用)」。つまり新原型の方なのですが、私は旧型の原型しか持ってない...。この機会に新原型を作っておくかーとも思ったんですがやっぱり面倒なので、無理矢理旧型の原型にあてはめて製図をしてみたら、やっぱり無理でした。バカだなー。
それで結局どうしたかというと、「ええい、とにかくフレンチスリーブのブラウスの型紙を作ればいいんだろう?」と思って、いつも使っている「おとなのシンプルウェア」のブラウスの型紙をたたき台にして、スタイルブックの製図も参考にしつつ、今回の型紙を作りました。我ながら無謀。でもなんとかなった。

ワンピースとはいうものの、ニット+ジーンズの時に上にはおれる、軽いコートのようなノリの服にしたいと思いました。それから、作業着っぽいカジュアルなイメージにしたくて、ステッチを沢山入れました。ギャザーを寄せたり、違う太さの糸を使ったりもしたので(中縫いは60番ですが、表のステッチには30番の糸を使っています)、なにかと時間がかかりました。

071022op6.jpg前身頃に大きめのタックを入れてみた

071022op4.jpg後ろ身頃にも1本入れてみた

071022op3.jpgゆったりめの身頃です

071022op5.jpgポケットもステッチ入りで
殆ど初めて作る形の服だったので、「本当にうまく出来るのかなー」と不安に思いながらの工程でしたが、思っていたよりもイメージに近い服になって満足しています。こういう服、欲しかったんですよー。

071022op2.jpg帽子はおまけ。
-----
完成日(製作日数)
07年10月22日(6日位)
参考にした製図
・ミセスのスタイルブック 07年盛夏号 4ページI
・おとなのシンプルウェア 11ページ8
材料
表布(綿ダンガリー)=110cm×3m、ボタン=18mm×6個
材料費
約1500円

スポンサーサイト

ワンピース |


2007/10/09 (Tue) お弁当用ミニバッグ

071006gd2.jpg
以前バイトしていたリフォーム店で、また週に1日だけお手伝いをする事になりました。以前働いていた時はお昼は大抵外食ばかりだったのですが、週1だけだからと今回はお弁当を持参しています。まあしょっちゅう寝坊して、今日は作れなかったよ...という日も多いんですけど。

私が使っているお弁当箱は、高さのある筒型のもの。それと水筒。いつも鞄の中に入れて行くのですが、持ち歩いている最中は「鞄の中で倒れてないだろうか」と心配になります。なのでこのお弁当箱と水筒を一緒に入れておくミニバッグを作りました。
071006gd1.jpg

071006gd4.jpg
本体は、裏側がビニールコーティングされた紺×白のボーダーニット地。これなら万が一汁漏れとかしても(した事ないですけど)安心だなと思って。近所のパンドラハウスで購入。別布のグレーの厚手フェルトとカーキの持ち手は、バイト先で余っていたのを貰いました。

071006gd3.jpg箸袋もこの間作ったんでした。
大きさはお弁当箱と水筒に合わせて、適当に。もうひとまわり小さめでも良かったかな。鞄用のプラスチックの底板を敷いてあります。

簡単な造りですが気に入ってます。しかしこんなの作ったら、もう寝坊出来ないな...。
-----
・完成日(製作日数)
07年10月6日(1日)
・参考にした製図
なし
・材料
表布=(ビニルコーティングニット)90cm×30cm位?、別布少々、ナイロン織テープ
・材料費
600円位?

グッズ/その他 |


2007/10/08 (Mon) ショートジャケット・ブラウス

071005sh1.jpg
どうも今年はボレロ流行りらしいので、私もまあボレロとまではいかなくても、ショートジャケットらしき上着を1枚作ってみようと思いました。最初は去年の冬に近所のパンドラハウスで買ったグリーンのヘリンボーンのウールを使うつもりでいて、それに合わせた裏地まで用意したのですが、生地の用尺が足りるのかとか、裏地のつけ方はどうしようかとかちょっと悩んでしまったので、とりあえず別の布で作ってみる事にしました。

これも確か去年近所のホームセンター内の手芸コーナーで安く売っていた布です。薄手でシャリ感があって、でもやたらとテロテロしています。無地だけど横縞の織りがちょっと目立つ、所々ムラ織りという感じ。色はシルバーグレイで、やや光沢感もある。素材の混紡率はさっぱり不明なのですが、なかなかおもしろい布だなあと思ってずっとストックしていました。

一応これは本番用の布の前の試作品という感じなんですが、これはこれでちゃんと着られたらいいなあと思いながら縫いました。

型紙は、いつものブラウスのパターンがベースになっていて、衿は、以前リネンのコートドレスを作った時の衿の型紙をそのまま使っています。やや首まわりが広くて、小さめのフラットカラー。あの衿の形は気に入っているので。

071005sh2.jpg
胸のダーツ分を首まわりの方に移動させていて、ギャザーを寄せるようにしたのですが、実際に服にして着てみると、ギャザーを寄せた部分は衿がかぶって見えないので、単に胸元がふわふわしているだけ、みたいな感じになってしまいました。うーん、これは布のせいなのか、ギャザー分が少なくてたいして効果がないのか、それともギャザーの寄せ方が下手なのか。今度ウールで作る時は、ギャザーでなくてタックをたたむようにしようかなー。

071005sh3.jpgポケット口もギャザー。
袖口もギャザーをたっぷりと寄せて、ふんわりした袖口にしました。袖丈は8分位。袖は新しく製図をひいたのですが、袖山がちょっと高いかも。腕が動かしにくいというわけではないけど、肩の部分がちょっと余っている感じがします。これもウールならもっときれいにいせを寄せる事が出来るのだろうか。謎です。

071005sh5.jpg後ろはこんな感じ。
一応自分ではショートジャケットのつもりで作っていたのですが、こうしてみると普通のブラウスっぽいかな。やっぱりこれ位着丈があった方が落ち着くのですよね...。でもこれはこれで気に入ってます。

071005sh4.jpgうわー、ロマンちっく過ぎるか。
-----
・完成日(製作日数)
07年10月5日(3日)
・参考にした製図
おとなのシンプルウェア(ブティック社) 11ページ8
・材料
表布(素材不明)=110cm×2m、ボタン5個
・材料費
約500円

ジャケット/コート |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。