--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/13 (Sun) 二重Tシャツ

Tシャツを作りました。

DSC02881.jpg 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます

星柄でむらさき色の綿ニットです。Tシャツといえば無地かボーダーなのですが、たまにこういう柄物が欲しくなるんですよね。コスモで衝動買いしてしまった布です。
ところが、届いた布は思っていたよりも薄手でした。夏物なんだし、これはこれで悪くないけど、どちらかといえばキャミソールとかチュニック向きでTシャツにするにはちょっと頼りない。私はTシャツはなるべく厚手の方が好きなのです(ヘヴィ・ウェイトってやつですか)。でも柄は好きだしどうしてもこれでTシャツを作りたい。

それでどうしたかというと、もう1枚、別の布を重ねて二重のTシャツにする事にしました。
そういえば昔、古着屋で薄手の天竺を2枚合わせてリバーシブルになったTシャツを買った事があるのです。あれ、好きでよく着てたなあ。あんな感じにしてみたらいいんじゃないか、と思ったのです。

無地の布を用意して、Tシャツ2枚それぞれ縫って、総裏のジャケットやコートの時みたいに袖口と裾で縫い合わせて、首のところでぐるんとひっくり返して、最後に首まわりを重ねて星柄の方の布で始末して、完成。ロックミシンが殆ど必要なかったので、思っていたよりも短時間で出来上がりました。

DSC02884.jpg 裏側

生地の薄さが気にならなくなっていい感じです。
首まわりの始末の都合上、リバーシブルとして着るのは無理がありますが、あくまで星柄の方がメインなので。むしろ裾から裏の布がチラッと見えるのも重ね着っぽくていいかなーと。というか本当にTシャツを2枚重ねて着るようなものなので、ちょっと暑いかもしれない...。仕方ないですね。
質感の違う布同士なので、この先洗濯すると形が崩れたり、袖口や裾がねじれてくる事もあるかもしれないけど、それもまあ味があっておもしろいんじゃないかなと思います。少なくともペラペラのTシャツよりはこうした方が私は好きです。

DSC02882.jpg 生地アップ

-----
・完成日(製作日数)
2008年7月13日(1日)
・参考にした製図
- - - - -
・材料
表布(綿ニット)=140cm×1m位、裏布(綿ニット)=160cm×1m位
・材料費
約1600円

カットソー |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。