--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/28 (Sun) スタイルブックのコンパクトジャケット

半袖のコンパクトジャケットを作りました。

DSC04094_20090627212837.jpg
突然ですが今回から大きな画像で載せてみる事にしました

ショート丈のジャケットは、今までに何枚か縫った事はありましたが、一度市販の型紙で作ってみるのもいいかもしれない...と思い、ミセスのスタイルブックの実物大パターンを使ってみました。
一度シーチングで試作したのですが、元のパターンから修正した部分はありません。

DSC04095_20090627212905.jpg
まさか自分が袖山にギャザーのある服を作ろうとは

ラグランスリーブで、袖山にギャザーが入っています。本当は私はこの袖山ギャザーが昔から大の苦手で、市販の服でも自分でパターンをひく場合でも絶対に避けて通って来たのですが、今回は実物大のパターンという事で、ギャザーの分量を削ってパターンを改造するのが面倒だったので、まあこのままアレンジなしでやってみようと思いました。

すると!これがまたなかなか良かったのです。袖山のギャザーといっても、ラグランスリーブだから袖山の位置がかなり内側寄りになって、私の苦手な「肩がっちり」なラインにはならないのです。むしろ肩幅が小さく、華奢な肩に見えるのでは...!?と思います。凄いです、パターンマジックです!(大袈裟...でも個人的には猛烈に感動したのです!)

DSC04096_20090627212911.jpg
後ろはタックが1本入ってます

生地は大塚屋で買いました。綿100%で、ちょっと変わった織りになってます。手触りはごわごわというかザラザラというか。結構硬めの布なのですが、織りの目はそんなに詰まっていないので、夏用のジャケットにいい感じです。明るめのからし色です。ちょっと派手かなー、でも夏だからいいかなーと。他の色ではピンとくるものがなかったし...。

DSC04099_20090627212903.jpg
生地とボタンのアップ

ただ、この生地意外と伸びるので、いや伸びるっていうか、縫うとでこぼこするのです。後でアイロンかけるとかなり落ち着きますけど。ヨークの部分は最初は太めの30番の糸でステッチを入れようと思っていたのですが(それもあえて黒でステッチしようと思っていた)、表面がザラザラしているのできれいにステッチが入らなくて(糸が生地に負けちゃう感じ)、結局目立たない色の糸(60番)で縫い直しました。なのでちょっと扱いにくかったかな。

DSC04098_20090627212918.jpg
この色合い、ちょっと「キル・ビル」の衣装みたい...

脇以外の布の端は、黒の別布でくるんでみました。

DSC04097.jpg

今度はこの型紙で、ブラウスやワンピースも作ってみたいです。気に入りました!

---------------
・完成日(製作日数)
2009年6月27日(3日)
・参考にした製図
ミセスのスタイルブック 09年盛夏号 実物大パターン2のジャケット
・材料
表布(綿)=110cm×約1.5m、ボタン=20mm×5個
・材料費
約760円

ジャケット/コート |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。