--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/31 (Wed) ギンガムチェックのシャツ/ぶどう

ギンガムチェックの綿麻生地で、シャツを縫いました。

DSC04939.jpg
一応水通しはしたのですが、なんか縮みそうな気がしたので着丈はちょっと長めにしました

最近なんだかシャツが欲しくて。春だからですかねえ。この生地は、近所のジャスコのパンドラハウスで買いました。たまたま10%オフになっていて、スタンプカードでさらに7%引きになったので、とてもお買い得でした。衝動買いだったのですが、買ったその日のうちに水通しをして、翌日には裁断にとりかかりました。が、今回はいろいろとミスが多かったのです...。

DSC04942.jpg
あっ!

まず、裁断してみたら上衿の分の生地が足りなかった。普段なら2mあれば足りるんだけど、少し着丈を長めにして裁ったからかなあ。しもたー。もう他のパーツの裁断は済ませていて、仕方がないので余りの生地を寄せ集めて、「わ」にして裁つところを「はぎ合わせ」にしてやりました。普通はないよねー、シャツの上衿のはぎ合わせ...。もう、どうせならと半分ヤケではぎ合わせた部分(後ろ中央ですね)にステッチを入れました。これはわざとなんですよーという演出ですが、たいして格好よくもないので、皆さんは真似しない方がいいです。しないよね。

DSC04943.jpg
袖と短冊の柄合わせがうまくいかなかったというのも失敗

それから、袖口の短冊あきの向きを間違えました。短冊のあきは本来は、前から後ろに向かってかぶさるわけですが、このシャツは後ろから前にかぶさるようになってしまいました。な、なんというビキナーなミステイク...。あんた何年洋裁やってんだよ!と自分を問い詰めたくなりました。まあ、この失敗はほんの2年位前にもやってますけど。
これも、ほぼ完成という所で気がついたので、もうどうする事も出来ず(余り布もないしね!)、そのままボタンホールとボタン付けをしました...。というわけで、袖のボタンが非常にかけ外ししにくいカフスになってしまいました。もういい、もうこのシャツは、カフスのボタンはかけっぱなしにとしくんだ...。というか、ちょっと方向が違うだけで、随分と扱いづらいものになってしまうんだなあと実感。本来、シャツというものは、ちゃんと考えられていて、よく出来ているんですねえ。ほー。(のんきに感心する)

DSC04941.jpg
せめてと思って左胸にてんとう虫のアイロンアップリケを付けてみた

そんなわけで散々な出来になってしまいましたが、一応完成はしたので、ちゃんと着ようと思っています。あ、今思いついたけど、短冊あきのせいでどうしても着づらかったら、もう半袖にしちゃうって手もあるなあ。

DSC04938.jpg



・完成日(製作日数)
2010年3月29日(約2日)
・参考にした製図
おとなのシンプルウェア(ブティック社)7ページ 3
・材料
表布(綿75%+麻25%)=112cm巾×2m、ボタン=11mm×10個
・材料費
約650円

シャツ/ブラウス |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。