--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/02/17 (Fri) フード付きショートコート

お久しぶりの更新です。フード付きのショートジャケットを縫いました。

DSC05847.jpg
長話になるので覚悟してください

完成まで、長い長い長い道のりだった...。
お手本にしたのはミセスのスタイルブック2011年秋冬号36ページの、KEIKO KISHI by noshの圧縮ニットのショートコートです。これいいなーと思って型紙を作り始めたのが去年の10月26日。なぜそんな細かい事を覚えているかというと、自分のツイッターに書き込んでいたからです。




このコートはラグランスリーブなのですが、そもそも私はラグランスリーブの製図があまり得意ではありません。学校でちゃんと習わなかった事もあって、今までラグランスリーブの服を作る時は、結構「やっつけ」でした。今まではそれでなんとかなってきたのですが、今回はラグランスリーブに加えてフードの形がはっきり言って難解。何がどうなっているのかさっぱりわからない。とにかく製図通りに一度書いてみようと思っても、なんかあちこちで辻褄の合わない所が出て来て、お手上げ状態になってしまったのでした。

それならもう諦めればいいものを、衿の形がとても気に入っていたので、やっぱりなんとか作ってみたいと思い、元バイト先の先輩に助けを求めたのが11月の半ば。お陰で型紙は一応出来ました。しかし、シーチングで試作をしてみると、これで正解なのかどうなのかよくわからない。そんな12月。(思えば厚手ニットの服をペラペラのシーチングで試作してみるというのが間違いだったのだなあ)



そうこうしているうちに年末で忙しくなり洋裁どころではなくなり、年が明けるといきなり風邪をひき、製作のモチベーションもみるみる低下。もうリタイアしようかと思い、浮気して別の生地を水通ししてみたり。



いやいやせっかく人に手伝って貰ったのにこれではいかん!「作ったら見せてねー」って言われてただろ!と自分を奮い立たせ、そのかわり難解なフード部分は製図の通りに作るのを諦めて、別のコートのフードのパターンと無理くり合体させて具合をみたり。



しかしやっぱりそんなうまい風に事が進むはずもなく、でもこうなるともう意地なので試作と修正と調整を繰り返し、その合間にカーネーションの周防さん祭りに夢中になったり。



そしてようやく本番の生地の裁断に入ったのが2月です。それからはこんな



こんな感じで






で、やっと完成したのでした。要するにダラダラ時間をかけただけなんですけど...。

DSC05848.jpg
横から。けっこうな裾広がりシルエットです。

試作の段階では、衿もとのクシュッとした具合を形にするのに頭を悩ませ、本番の縫製では、表側の裾が見返しに引っぱられてつれてしまって全体の形が崩れてしまうのを、あちこちほどいて縫い直すのに時間がかかりました。落ち感のある柔らかいニット生地は、舐めてかかるとえらい目に遭うのだなあ...と思いました。

DSC05849.jpg
後ろ姿

素材は濃紺のウールジャージーです。多分。布大根で購入しました。割と肉厚なので、暖かいのはいいのですが、結構な重みです(フード二重になってるしな...)。

DSC05853.jpg
自慢はボタンの可愛らしさ。去年の6月にハンドクラフト展に行った時に買った、デッドストックらしいボタン。ようやく使えて嬉しい。

裏地は無地の赤にしてみました。フレンチスリーブのワンピースの時に使ったニット用の裏地がとても扱いやすかったので、今回もその色違いを買って来たつもりが、これは同じニット用の裏地でも生地の織りがかなり密になってて、手縫いがしづらかった...。

DSC05854.jpg
出来れば、身頃とフードの切り替え線は作りたくなかったんだけど、ならばどうやって身頃とフードが合体したパターンをひけば良いのか分からず、諦めました

フードの部分は結局、「こんな感じだろ!」と半ばヤケで自分でパターンをひきました。着る時にちょっとコツが要るというか、着てからフードと衿もとを自分の好みの形にちょっと整えなければなりません。鏡のない所で脱ぎ着する時が心配です。家で練習しておこうか(笑)。

DSC05851.jpg
とりあえずボーダー着せときゃなんとかなるの法則

いろいろ苦労して悩んで、「これ、どうしても必要な服ってわけでもないのになー」と思いながら縫った1枚です。自作のパターンも混ぜた割には、思っていたより自分のイメージに近い服が出来たとは思いますが、仕上がりの部分の含めて、反省している所も沢山あります。なんにせよ、春が来るまでに完成して良かったです...。


・完成日(製作日数)
2012年2月16日(約4ヶ月...)
・参考にした製図
ミセスのスタイルブック2011年秋冬号176ページ
・材料
表布(ウールジャージー/混紡率不明)=150cm×2.5m、裏布=92cm×2m、ボタン=25mm×2個
・材料費
約2400円

ジャケット/コート |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。