--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/06/16 (Sat) レース衿のブラウス

DSC05979.jpg

ギンガムチェックが好きだけど、水玉模様も好きです。ミズタマスキー(ポーランドの詩人。1855~1906)(←嘘です)。特に、ランダムな水玉に弱いです。ランダム・ミズタマスキー(ウクライナの)(←考えるのが面倒になったのでやめます)。洋服を作る場合、キチンと並んでいる水玉よりも、ランダムな方のが使いやすいような気がします。柄合わせをしなくていいので楽だから、だけではないですよ。

で、この間もコスモで水玉の生地が出ていたので、ついフラフラと注文してしまいまして、作ってみたのがこのブラウスです。

DSC05980_20120616200101.jpg
後ろ姿。結構ギャザー入ってます。

最初は漠然と「この生地だったらブラウスかなぁ」としか考えていなかったのですが、「フラットカラーで」「長めの半袖で」「肩ヨークで切り替えて、身頃の前後にはギャザー」「袖口にもギャザー」とか、いろいろ煮詰めていきました。

DSC05981.jpg
袖口。肩にはギャザーの入っていないゆるいパフスリーブ。

特に「フラットカラー」は譲れへんで!(なんとなく!)だったのですが、とはいえあまりきれいにフラットカラーにする自信がなく(自分で製図すると、結構いつも浮いたヘロヘロカラーになってしまうので)、さてどうしたもんかなーと迷いつつサッカーの試合を見たりユーロ2012の試合を見たり(同じだ)していたら、ふと、レースの付け襟をストックしていた事を思い出しました。去年、手芸系のイベントで買ったはいいけど勿体ぶって使っていなかったやつです。そうだ、これはこういう時こそ使うべきなんだ!と思い、試しにネックラインに当ててみたら、あつらえたようにピッタリ!なんかうまく収まってくれてる!というわけで、採用。

DSC05976.jpg
共布のバイアステープで挟みました

ちょっと甘めかなぁとも思うのですが、気に入っています。

DSC05978_effected.jpg



・完成日(製作日数)
2012年6月16日(だらだらと1週間位)
・参考にした製図
おとなのシンプルウェア(ブティック社)7ページ 3
・材料
表布(レーヨン75% 綿25%)=115cm×1.5m、ボタン×5個、レース付け衿
・材料費
約1500円

シャツ/ブラウス |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。