--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/01/20 (Tue) 丸衿コート

丸衿のコートを縫いました。
名称未設定4
実物はもう少し明るいグリーンって感じなんですけど...

去年の3月に日暮里で買った生地を使いました。
最初はスカートを縫おうと思っていたんだけど、考えてみればスカートあんまり履かないんだよなというわけで結局コートにしました。

名称未設定2
鏡を使っての自撮りに挑戦。まだ慣れていない。

スカートやワンピースの時に合う、女子っぽくてなおかつちょっと古着っぽいコートにしたかったので、丸衿で、形はごくごくシンプルなAライン。

名称未設定
前を開くとこんな感じ。襟元にブローチを付けております。

しかしこのコート、実際に縫い始めるまでに凄い時間がかかりました...。
どんな形にするか、どの製図を参考にするかとか考えていたらどんどん煮詰まってしまって。シーチングで試作してもなかなか結論が出ず、「もう一旦、諦めようかな」と思って他の服を縫おうとしたのですが、「やっぱり、これが完成するまでは他のに手を出す気にはなれない!」と。いつの間にそんな粘り強い性格になったんだ、私(笑)。

名称未設定7
本来の布目は横向きのジグザグ模様だったんだけど、縦のジグザクになるように型紙を横向きに置いて裁断しました

紆余曲折した末、結局参考にしたのは昔のフィーメイルのコートの型紙。衿だけ昔の装苑別冊に載っていたコートの衿の製図を参考にしました。

名称未設定5
裏地は、赤か青かで迷って、結局青にしました。結構鮮やかです。

あんだけ考えて、結局フィーメイルか(型紙のパーツがものすごくシンプル)...という気がしなくもなかったのですが、いざ裁断してみたら、結構やわい織りの生地なので、まあ端がほつれるほつれる。あまりパーツ数が多くなくて、かえって助かったかなと思いました。

名称未設定3
ほつれやすい生地なので普通にボタンホールを作るか、スナップボタンにするかで迷ったのですが、余り布で実験してみたら大丈夫そうだったので、ボタンホールにしました

意外と手縫いの部分も多かったのですが(ポケット付け、前端の表生地と見返しを星止めで縫い合わせるなど)、いざ縫製を始めたらほぼ1日で完成しました。
実はそう厚手でもないので、とても暖かい!というわけではないですが、柔らかくて軽いので着やすいです。ただ、ちょっとひっかかりやすい生地なので(びろびろ〜と糸が出てしまう)、その点気をつけなければと思います。
あとは、ポケットをもう少し上に付ければ良かったな〜。
でも大体、気に入っています!



・完成日(製作日数)
2015年1月19日
・参考にした製図
フィーメイル 2007年冬号 30ページ、装苑別冊making 2000年9月号 74ページ(衿のみ)
・材料
表布(ウール?)=140cm×2.5m、裏地、ボタン
・材料費
1200円位?

ジャケット/コート |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。