--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/05/27 (Sat) テーラード・ジャケット

060527jk1.JPG.jpg正面。7部袖です。

そろそろ夏物の洋服の事を考えるのが楽しいこの時期。
お店や雑誌ではノースリーブのワンピースやキャミソールでいっぱいですが、そんな中でテーラード・ジャケットを作る私であります。羽織りものが欲しくなったのであります。ジャケットといってもそんなにきちんとしたものではなく、あくまで軽く羽織れるような、気軽な上着が欲しかったのであります。(そもそも私の作る服なんて95%気軽なものばかりであります)

テーラード・ジャケットを作るのは久し振りなので、今回は真面目にトワルを組んで、何度も試作しました。試着の最中、ピンが身体に刺さって「ギャ!」と痛い思いを何度もしたおかげもあって、自分のサイズに合ったジャケットを作る事が出来ました。
ちなみにこの時点で一番悩んだのは袖付けのあたり。切り替えのラインの所で何cmか削ったり、袖山の位置を2cm程前にずらしたりしてます。

060527jk2.JPG.jpg...9号のボディに自分の服を着せるのは無理があるなあ。

参考にした製図は「ミセスのスタイルブック/06初夏号」の154ページのジャケットですが、袖山にダーツを入れたくなかったので(なんというか、"カッコイイ袖"が苦手なので)、袖は160ページのジャケットの方を参考にしました。あと154ページのジャケットは衿がピークド・ラペル(下衿の先が尖っているアレ)だったので、それも直して普通のテーラード・カラーにしました("カッコイイ衿"が苦手なので)。それから着丈は5cm伸ばしてあります。ショート丈のジャケットも苦手なので...。

060527jk4.JPG.jpg袖口と生地アップ。

縫っている間は結構苦戦しました。
なにせ袖のあきとか切り替えのフラップポケットは取り組むのが初めてで、しかもポケットについては手持ちの本では縫い方が載ってない! 仕方がないので紙でポケットの模型を作って段取りを考えました。
袖口のあきはミセスのスタイルブック/06春号の麻のジャケットの縫い方解説のページを参考に出来たので良かったです。
テーラード・カラーもいろんな本を参考にしたり、自分の記憶を思い出して縫ってはみたものの、なんか間違っているような気が...。見た目は普通なんですが、本来はこんな縫い方じゃないような気が...。
今回はカジュアルな素材だったので結構ごまかしが効いていますが、もっと真面目な(シックなというか、フォーマルなというか)生地で縫っていたらアラが目立っていただろうと思います。縫い代の始末も全部ロックミシン+ステッチのみだし。この型紙でまた作りたいと思っているので、その時は気をつけよう。

060527jk3.JPG.jpgコーディネイト例。もうちょっとステッチを目立たせてもいいかも。

-----
完成日(制作日数)
2006/5/27(約9日)
参考にした製図
ミセスのソーイングブック 06初夏号154ページなど
材料
表布(綿100%)=110cm*2m、別布(綿ダンガリー)=110cm*50cm、ボタン20mm*3個、15mm*4個
材料費
約?円

ジャケット/コート |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。