--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/04 (Tue) 暮しの手帖のワンピース

DSC02547.jpg

暮しの手帖(2007年冬号)のミシン入門という特集ページで、あまりにも私好みのワンピースの製図が載っていたので、つい作ってしまいました。もうしばらくワンピースは縫うまい...と思っていたはずなのに...。

衿ぐりと袖ぐり以外は直線縫いの、フレンチスリーブのロングワンピースです。デザインはホームスパン。私、実を云うと洋裁初心者さん向けに直線縫いの服を「簡単! スイスイ!」などと言ってお薦めするのって、案外怪しいよなーと常々思っているのですが、でもこの形は好きなんですよねえ。

DSC02548.jpg暖かい布です。

生地は、濃紺のウールのフラノを使いました。本当はパンツでも作ろうと思って買ってあった布なので、これでワンピースを作るには少し厚手か?とも思いましたが、柔らかい生地なのでなんとかいい感じにおさまりました。スチームアイロンをガンガンかけても殆どテカらなくて、扱いやすい生地でした。ホコリとか猫の毛とか、つきやすい素材ではありますが...。

DSC02549.jpg100均の花ボタン。

テキストでは、衿ぐりと袖ぐりの見返しは表地と合わせて裏側に折って返すだけだったのですが、着る時に見返しがびろんとはみ出てしまうのは嫌なので、裏側に返してからステッチで押さえました。30番の太い糸を使ったので、デザインのアクセントにもなるかなあと。

DSC02551.jpg両脇にポケットも作ってみました。袋布は茶色のギンガムチェックで。

着丈は元の製図のままだと身長156cmの私にはやっぱり長過ぎだったので、6cm短くしました。全体を写した画像がないのは申し訳ないですが、足首が見える程度の着丈にしました。

前から見るとフレンチスリーブがいい感じに肩から腕に沿ってくれるのですが、背中のあたりはどうしてもブカッとしてしまいます。身体のラインにきれいに沿った服が好きな人には向かないワンピースではありますね。
-----
・完成日(製作日数)
2007年12月4日(3日)
・参考にした製図
暮しの手帖 31(2007年冬号) 13ページ
・材料
表布(ウールフラノ)=150cm×1.5m、ボタン1個
・材料費
約1000円

ワンピース |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。