--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/19 (Mon) キュロットパンツ

キュロットパンツを作りました。

DSC02752.jpg 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます

夏用のボトムに欲しいなあと思ったのです。裾は広がり気味で、シルエット的にはセミフレアのスカートみたいな感じです。上の画像を見ると「全然そんな感じじゃないじゃない!」と思われる事でしょうが、私が履いてみるとあら不思議、ちゃんと裾広がりになるんです、これで。着用画像がなくて本当に申し訳ないです。

「ミセスのスタイルブック」の中から、一番イメージに近いかなと思ったパンツの製図を元にして、まずシーチングで試作してみました。すると、全然思ったような形になってない。

Untitled_11.gif こんなになってしまう

うーん、やっぱり私の体型に問題が...。もっと違う製図を参考にしようかとも思ったのですが、ウエストや腰回りのサイズはちょうどいいみたいだし、股の部分には余計なシワが入ったりしていなかったので、外側と内側のラインだけ自己流で改造してみました。

Untitled_2.gif 赤い線が修正ラインです

学校や教室ではそんな直し方はしないのかもしれませんが、セオリー通りの型紙だと私に合わないんだから仕方がない!
で、まあなんとかこれならいいかなという形になってくれたので、本番にかかりました。

素材は、薄手のストレッチデニム。8オンス位なのかなあ(適当です)。濃紺ですが洗いがかかっていていい感じです。ストレッチがかなり効いています。白っぽい水色の糸(30番)でステッチを入れてみました。

DSC02753.jpg DSC02754.jpg DSC02755.jpg
ウエストベルト裏はブルー系のストライプで

いい感じに仕上がって嬉しかったので、調子に乗って続けて2本目も縫いました。

DSC02756.jpg 1本目と全く同じ形です

こちらはチノクロス。やや黄味がかった茶色が気に入ってボトム用にと購入しておいたもの。
しっかりした布だけどそれほど厚手でもないし、扱いやすそうと思っていたのですが、これが予想外に大変でした。確かに厚手ではないけど、織り目がしっかり詰まっているので、布が固めなのです。待ち針何本も折りました...。
縫っている時も、縫い代が重なっている部分になるとミシン針が貫通してくれない! 職業用ミシンで、針も16番を使っているのに。一針一針進む度にゴンゴンというかバリバリというか、とにかくもうものすごい音と振動が。針が折れて飛んできたらどうしようと思いました。あとミシンから煙が出るんじゃないかとか。結局ミシン針を3回位交換して、なんとか縫えました。無事出来て良かった、いやあ怖かったです。

DSC02758.jpg 祈るような気持ちで縫ったウエストあたり

DSC02757.jpg 布は気に入ってるんです

-----
・完成日(製作日数)
デニム / 2008年5月18日(4日)
茶 / 2008年5月19日(2日)
・参考にした製図
ミセスのスタイルブック 2006年盛夏号 169ページ左
・材料
デニム / 表布(ストレッチデニム)=120cm×1.6m、別布少々、ボタン16mm×4個、ファスナー
茶 / 表布(綿100%)=110cm×1.6m、別布少々、ボタン16mm×4個、ファスナー
・材料費
デニム / 約700円
茶 / 約700円

パンツ |


| TOP |

●このブログについて

wee

Author:wee
趣味の洋裁の記録です。
メインサイトはGingham Starといいます。
日々の記録は猫背日記にて。
▶09年6月28日より、コメント欄及びトラックバックを閉じさせていただきました。記事のご感想等は猫背日記の方にコメントしていただければ幸いです。

●最近の「これ、縫いました」

●アイテム別「これ、縫いました」

●月別「これ、縫いました」

●最近のコメント

●最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

●ブログ内検索

●RSSフィード

●リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。